circle-loader
by
261/ 1

UWA GOTはUWAが提供しているローカルパーフォマンス最適化ツールです。Overview分析モードは開発者が直観的にソースコード内の性能ボトルネックを特定することができます。しかし、エンジンモジュールのパフォーマンスも非常に重要であり、ロジックコードの検出のみが、体系的かつ完全にボトルネックを特定するという目的を達成できないことがわかっています。そのため、本ツールでUnityエンジンモジュールの診断機能を提供しました。

 

詳細なエンジンモジュールパラメータ

現在、UWA GOT Onlineのレポートは、レンダリング、UI、パーティクル、アニメーション、および物理システムという6つの主流な重要なパラメータの測定モジュールをサポートしています。下図のように、レンダリングモジュールにおいて不透明度、半透明度、ビューのトリミングCPUおよびカメラの後処理などのCPUの消費時間、および特定のフレームの傾向および消費時間を確認できます。

 

また、テスト領域をスケーリングし、スクリーンショットを使用して、特定のピークでのパフォーマンスをより直感的に特定することもできます。

 

重要なパラメータについて、UWAの推奨値と関連な最適化意見を提供し、開発チームが問題の排除と改善をより的確に行うことができます。

正確なロジックコードスタック

スタック情報は、私たちが設定した性能のボトルの目であり、このバージョンの更新は、追加モジュールの重要なパラメータの検出に影響を与えず、代わりに、より詳細な追加関数のスタック情報を見ることができます。特定の調整用の状況を定義します。

 

特に、スタック情報の一覧表において、過去のデータとの比較可能な機能を提供します。これは、特定の重要なパラメータの変更傾向を確認し、開発チームも即時テスト結果検証することができます。