circle-loader
by
192/ 3

現在、開発者にソースコードのHotFix機能を提供する最も標準的なソリューションがLuaではないでしょうか。Luaの性能改善は、開発者にとってますます重要になってきています。すでにUWA GOT OnlineでLuaメモリ診断の機能をできるようになっていますが、これに加えてLuaのCPUコストの分析機能を追加しました。 UWAホームページに登録すれば、すぐ 「Lua性能診断」を確認できます。

 

下図はUWAウェブサイトにあるデモデータ,すでにUWA GOT Onlineサービスで見たことあるかもしれないですが、最新のLua性能分析画面で、分析項目としての「コードの実行効率」の「CPU使用時間」で、一番処理時間かかっているTop10の関数がリストアップされています。

 

これらの関数をクリックすると、関数の全体のCPU時間、指定シーンの処理時間及び任意のフレームでの処理時間などの情報を確認できるようになり、開発者が速くボトルネックのポジショニングできるようになります。

 

UWA GOT OnlineはこれでLuaコードの全面的なCPU処理時間分析、メモリ分析ができるようになります。また、診断の深さや全面的なメモリ割当情報に基づいて、開発者が直接ボトルネック問題を特定し、速く性能改善やゲームの実行効率向上に役に立ちます。

ご注意頂きたいのは,Luaモードでの診断対象はLua関数のみですが、Luaに割り当てられたC#関数も含まれています。